fc2ブログ

記事一覧

八甲田山;その3、酸ヶ湯から小岳往復 1月

八甲田山:その3,酸ヶ湯から小岳往復 1月仙人岱の幻想的風景◆コース概要酸ヶ湯から仙人岱を経て小岳を往復するコースである。小岳は樹氷が乱立して大斜面はないが樹氷の間を縫って技術を駆使する滑降が魅力。林間滑降ならぬ樹氷間滑降である。大岳の帰り、硫黄岳との組み合わせなど時間があったときには時間つぶしのコースである。起点の酸ヶ湯裏の登山者用駐車場。降雪直後でない限り除雪はしてある。大岳環状ルートを地獄谷...

続きを読む

八甲田山;その2 酸ヶ湯から大岳往復 1月

八甲田山:その2、酸ヶ湯から大岳往復 1月仙人岱を行く。当てにしてはいけないが、正月の区間は竹竿が誘導してくれる。◆コース概念酸ヶ湯から仙人岱を経て大岳に登り、南面大斜面を滑り酸ヶ湯に戻るコース。南東斜面は大岳ではスケールと雪質は一番だ。風が吹き付ける悪天時の外輪山は辛いものがある。山頂に拘らなければ、外輪山まで登り南東大斜面を滑れば充分なので八甲田山で厳冬期の大滑降を手軽に楽しめる。起点は酸ヶ湯登...

続きを読む

八甲田山;その1 大岳西面酸ヶ湯沢 1月

山スキールート集;八甲田山八甲田山は雪の豊富さと雪質の良さ、アプローチの良さで非常に素晴らしいスキーエリアで1月から5月までフルに楽しめる。ロープウエイを使えばアプローチなしでそのまま滑降できる。圧雪されないコースのために降雪直後は極上の新雪パウダーが味わえる。一般スキーヤーの為の決められた2つのコース意外にも手軽にツアーが楽しめる。銅像コース、寒水沢コース、三角ルートなどはその代表的ルートだが、...

続きを読む

2020.04.04恩賀高岩

恩賀集落にさしかかると、頭上にドーンと聳える高岩。軽井沢ICから望む壁のような姿と違って風格があって品良く整ってドロミテを思わせる。◆コースタイム 5:00妙義道の駅6:55~7:15軽井沢IC脇P7:25~7:36恩賀登山口~8:08鞍部~8:14鎖場8:35~8:38雄岳雄岩8:52~9:00雌岳雌岩9:14~10:05鎖場下~10:08鞍部~10:27雌岳10:36~10:53八風平キャンプ場分岐(岩稜散策)11:16~11:47八風平登山口~11:59軽井沢IC脇Pコロナウイ...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: