fc2ブログ

記事一覧

平標山の雪稜で

平標山の雪稜にて最近は山に呼ばれている、気持ちのどこかで歩きたい道の風景を描いている。まだみたい夢が有るのだろうか。山にまつわる哀しみや寂しさは数え切れないけれど、光と風と温かみに恵まれた至福の瞬間を忘れない。厳冬の白い稜線の向こうにある蒼い空の深さを知る。頂に向かう一筋のトレースは人の命の軌跡、大きく息をして冷たい空気を吸い込めば胸が痛い。指の感覚が遠く薄れてゆく、叫びたいけど言葉が見つからない...

続きを読む

ひとり寝転んで

山のソナタ集ひとり寝転んで ・・鬼ヶ城山の印象ゴロゴロと積み重なる大岩の一番平らなところで寝転んで、大きく手を広げて空だけを眺めていると際立った白さの雲の塊が通りすぎてゆく。じいっと空だけを眺めていると自分が流れていく。寝転んだ自分よりもまだひとまわりも大きい大岩が空に浮かんで流れてゆく様は爽快だ。空は碧く秋を引き立たせる。山稜を吹き抜ける風は冷たく乾いて汗もない。陽射しに温められた大岩は風の冷た...

続きを読む

2022.10.15和賀岳

山のソナタ集霧と雨の山稜で・・・ 和賀岳の印象深い霧の中で何も見えないはずなのに、今日は何故か山の姿が見えてきた。色づいた草を笹原が包み込んで、笹原の中に鮮やかにミネカエデが色づいている。秋は思い出だけで時を刻んでゆく。真っ白な霧の山稜を歩いてゆけばやさしい風が雨を運んでくる。植生が変わってゆく山は景色だけではなく見る自分も変わってゆく、すっかり高い木がなくなり笹が斜面を支配してゆく山稜。水を含ん...

続きを読む

林道今昔

林道今昔  何とか軽車両が通る踏み跡になり、それでも歩いて行けるかつては大型車両が通った道だ大堰堤を作るために林道が整備され、大型車両が行き来する立派な道が作られた。その林道の恩恵を受けて山深く入り込んで、豊かな手つかずの自然を享受した。堰堤工事が終わり十数年がたち、必要でなくなった林道は補修がされずに放置状態になった。度々土砂崩れで通行できなくなったが、それでも林道は健在で小型車両やバイクが通れ...

続きを読む

槍ヶ岳への旅路

槍ヶ岳への旅路燕岳より厳冬ただ高いと言うだけで山には風格と魅力が備わる。それは日常とはかけ離れた環境と雰囲気に満ちているからだ。人家が途絶え道さえ途絶えた彼方に憧れを抱くのは夢の世界がそこにあるから。三千メートルの稜線では風の匂いで感動し、小さな池の佇まいに自分を映して感慨に耽る。足元でガスが湧き、眼下に雲を見る。それが日本アルプスだ。山頂にて雲湧く槍沢  自分や人を語り尽くせるパートナーに恵まれ...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: